グラフィックデザイナー 岩井遊 インタビュー

歴代のHOW I ROLL各モデルのグラフィック(KICK ITは除く)をデザインしてきた岩井遊氏(通称:ASB)。
グラフィックデザイナー且つ無類の自転車好きで、HOW I ROLL以外にも自転車ブランドのロゴやバイクショップのロゴのデザイン等々、自転車好きならではの動きをみせるグラフィックデザイナー。

今回はそんなASB氏に大好きな自転車/デザインに関して色々インタビューをしてみようと思います。

-先ずは自己紹介をお願いします。

1973年2月4日生まれ、46歳。
基本的にはグラフィックデザイン的な事を営んでいます。
90年代半ばからNYマンハッタンに移住。帰国後はONEGRAM(現Supreme Japan)でSupreme日本支店の立ち上げや、自社ブランドのグラフィックなどに携わったのち、現在はフリーランスデザイナーとして活動しています。

-NYへはどんな目的で行ったのですか?

留学です。そしてちょうどその頃94、95年から98年辺りのNYは、音楽やスケートボード、ファッション、アートなどなど、ストリートカルチャーが本当に新しく変わっていった年で、今までレコードでしか聞けなかったミュージシャンのライブが近所で聴けたり、ギャラリーや美術館も気軽に行ける環境の中、スケートボードに乗っていた自分にはラリークラークのKIDSに出演していた連中やSupremeにたむろしていた悪ガキ達とスケートしたりハングアウトしたりと二十歳そこそこの自分にとってはとても刺激的な体験が出来たなと思いますw

-自転車は乗ってなかったのですか?

NYいた頃は自転車は数分でパクられるので一度も乗ることはありませんでした。。。泣
そう思うとNYの街で見かけていたメッセンジャー達はすごいリスキーな仕事をこなしているなとリスペクトしかありません。。

-自転車が好きになったのはいつですか?またきっかけを教えてもらえますか?

原体験的に言えば小学生の時に、父親と兄貴がロードレーサーにハマっていた時期があり、自分にはサイズもデカかったのでほぼ乗ることはできなかったんですけど、子供ながらにクロモリフレームやカンパニョロのパーツの格好良さを知りました。あと近所の友達が持っていた黄色いYAMAHAのMOTO BIKEを借りて乗り回していた事は多少影響あるかもです(笑)

最初に自分で買ったBMXは2000年頃かな?友人のRIP ZINGERに通勤にも使える様なBMXが欲しいと相談したところ、渋谷のSTORMYに兄貴(現W-BASEのマネージャー元章氏)が働いているとのことで、彼からSE RACINGのFLOVAL FLYER 24″ (USA MADE)を購入、本格的にアメリカ的な自転車の魅力にハマっていきました。

*MOTO BIKE:バイクメーカーのYAMAHAが1970年代に発売した前後サスペンション付きのモーターサイクルのような自転車

-アメリカの自転車が好きなんですかね?

そうですね、やはり最初に元くんから買ったSE FLOVAL FLYERとの出会いは大きいですね。フレームの溶接具合やデカールのグラフィック、SE RACINGのブランドイメージなどなど、これぞアメ車!って所にとても惹かれました。

それから第一次ピストブームをモロに体験し、イタリアやヨーロッパ車の魅力を再確認しましたが、その中でもやはりBROOKLYN MACHINE WORKS ”GANGSTER”のアメ車的な存在は抜きに出ていたと思います。B.M.Wもこれからまた新しいリリースがあると思うととても楽しみですねっ

*BROOKLYN MACHINE WORKS:1996年創業。NEW YORK BROOKLYNの自転車ブランド

-HOW I ROLLのグラフィックですが、多少はこういうデザインで描いて欲しいなど要望はいつも伝えますが、どのようなプロセスでデザインを仕上げていくのでしょうか?

まずはブランドの世界観やプロダクトの成り立ち、グラフィック的なルーツを踏まえ、古くも新し過ぎもない落としどころで仕上げるのが自分のスタイルなのかなと思います。あと、依頼される側の希望するイメージやアイデアが明白にあれば、一緒に作り上げていく様な共同作業も好きです。

-以下は今までのHOW I ROLLのデカールデザイン
全てASB氏によるもの

-自転車のグラフィックをデザインをする上で苦労などありますか?

もちろん毎回産みの苦しみはありますが、実際に自分が乗った時を想像しながら作業していると、自然に出来上がる事が多い気がします。

-T19とHOW I ROLLのコラボレーションモデル”MINIUM”のデカールいいですよね。T19の大瀧さんとの仕事はどうでしたか?思い出話等あれば教えてください。

オーサン(大瀧さん)との最初の仕事はHOW I ROLLとT19のコラボ24インチ”TWO FOUR”のフレームデカールでした。軽く打ち合わせをした後に、60年代のクライスラー / NEW PORTやVALIANTの車体やエンブレムの画像が送られてきて、あとのデザインは任せた!w という感じであれを仕上げました。

2回目の”MINIUM”はオーサンの中に具体的なイメージがあったのでそれをブラッシュアップしたり、俺からも新たに提案したりと二人の共同作業でしたね。これが彼との最後の仕事になってしまうとは、、このフレームには本当に思い入れがあります。。

*T19:東京のスケートボードチーム/スケートボードカンパニー

-最後の質問になります。今後のプランを教えてください。

夏に向けて自転車のメンテナンスやカスタムをしたいと思います!w

-ありがとうございます!